2017年8月23日水曜日

青空

また猛暑日が続いています。
セミにかわりコオロギや鈴虫の音が聴こえてくるものの、まだまだ暑中。
国体スケジュール優先で、前倒しでこの8月に運動会を開催する高校もあるとか。
暑いよね。

東日本は日照不足とのニュース。
この青空を届けることができたなら。


2017年8月14日月曜日

盆と打ち抜き水

同級生が西条の打ち抜き水を汲んで事務所に届けてくれました。

若いころ、帰省で西条に寄ると、まずは水を飲んでいました。
冷たく美味しい打ち抜き水が、故郷に戻ったことを感じさせてくれたのでした。

水を買うなんて考えもしなかった時代。
東京の水に慣れるわけもなく、何よりも恋しかったのが打ち抜き水でした。

いまでは故郷に住み、『帰省』という行事はなくなりました。
故郷は遠きにありて思ふもの。その想いは遠くになってしまいました。

打ち抜き水を飲みながら、あの頃を思い出してみます。


2017年8月9日水曜日

花園町通り

帰省したとき故郷の変わり様に時の流れを感じることもあるでしょう。

普段では、その風景は劇的な変化を遂げるものではなく、徐々に徐々にと移り変わっていくものであり、驚きというものは小さいと思いますが、松山では国体という一大イベントに向けて急速に変わる街があります。

郊外では松山空港と松山ICをつなぐ松山外環状線道路周辺の町並み、そして街なかでは、この花園町です。

松山市駅から堀之内へのアプローチである花園町。アーケードが撤去され石畳の歩道が拡張されています。
アーケードにかわり各店舗には、日除けのオーニングが設置されています。電線も地中化になるそうです。大街道や銀天街に比べ哀愁が漂っていた花園町が、松山で一番おしゃれな通りになろうとしています。