2016年7月22日金曜日

ポケモンGOと不動産


ポケモンGOアプリを開いてみました。目の前にゼニガメがいました。

以前息子に誘われてイングレスを経験していましたので、システム的にはそれほどの感動はなかったのですが、ゼニガメがかわいかったです。

ポケモンGOについてはニュースにもなっていますので説明は省きますが、ポケモン世代には楽しいものであるのだなということはわかりました。

不動産屋としての注目はやはりこのポケモンGOで見るAR(拡張現実)なるもの。

どういうの?と知りたい方は、ポケモンGOへGOです。

町を散策しながらARで物件を見つける。そんな時代に入ったのだと思いました。



2016年7月20日水曜日

東京で部屋を探すときの参考に



7月19日付けの愛媛新聞の記事です。東京にある愛媛県人学生寮への入寮希望者が減っているという内容です。

東京には愛媛県にゆかりのある男子学生を受け入れている『東予学舎』『常盤学舎』『南予明倫館』『肱水舎』という4つの寮があります。

東京で学生というと大学生をイメージすると思いますが、県人寮は予備校生や専門学校生も入寮可能であることを、知らない人は多いと思います。

寮費は、常盤学舎は月額35,000円、その他の寮は食事付で月額55,000円。東京で、この賃料は間違いなく安いと言えるでしょう。

たとえば、常盤学舎であれば水光熱費込みで35,000円。

松山の一般的なマンションでの一人暮らしの水光熱費等を計算してみます。

一人暮らしの水光熱費等は、共益費3,000円、水道代2,500円、電気代2,500円、ガス代2,500円、町費500円と仮定すれば、月額合計11,000円になります。

35,000円から11,000円を差し引けば、実質の月額家賃は24,000円といえます。

松山でもかなり安いと思いますが、東京ならなおさら。24,000円で東京に住めるなんてスゴイと思います。ましてや、食事付きの寮まであります。

というのは不動産屋的視点でありまして、記事によりますと、そもそも東京への進学者が減っているとのこと。

『寮』というと固い感じがしますが、いまふうに言えば『愛媛県人の集うシェアハウス』のイメージでいていいと思います。

大学であれ専門学校であれ、東京へ進学を希望する息子さんをお持ちの保護者の方には、ぜひ押さえておいていただきたい物件情報です。

不動産屋から離れてしまいますが、現在息子が寮にお世話になっておりまして、記事を機会に県人学生寮を不動産屋的にPRさせていただきました。

ちなみに先日、東京で県人寮を見学させていただきました。エアコンもあり、ウォシュレットもあり、洗濯乾燥機もあり、広い風呂もあり、図書室もあり、トレーニング機器まで置いてあったり、広い庭では野菜も育てられ、そして天気がよければ屋上からは富士山が望める。私の学生時代と比べると天国のような住まいでした。



2016年7月18日月曜日

水の止め方


トイレの水がとまらない、との連絡。水道屋さんに休日出動してもらい修理しています。

水がとまらないのは、水をためるタンクの内部で故障が発生しているからでしょう。
さて、その対処法について。

できることは、単純ではありますが、『水を止める』ことです。
分かっている人には簡単な作業ですが、知らない人はパニックになります。流れっぱなしで水道料金がいくらになるのだろうと心配する人もいるでしょう。

まだ、これがトイレで、水がとまらなくてもそのままトイレに流れるだけで、階下に漏水するようなことはありませんので大きな問題に発展しませんが、とにかく水漏れ事故というのは、元栓を閉めて、水の流れを断つことが一番にできることですし、しなければならないことです。

トイレの場合は修理が終わるまでは、バケツに水を汲んで流してもらいます。これも渇水で断水を経験している人ならできることではあります。しかし、配水の止め方をしらない人は以外に多い。

トイレの場合はタンクの左右どちらかにつながる配管の壁際に写真のような止水栓というものがついています。マイナスドライバーがなければ、コインでもなんでも平たいものを差し入れ回して栓を閉めます。

これで水の流れがとまります。それから管理会社に修理依頼の連絡をしましょう。

とにかく、元栓をしめることが第一です。






高校野球渋滞

連休最終日の朝、国道56号線で渋滞が発生。
案内のため保免にあるマンションに行くと、道路が渋滞していました。
お客様が息子さんが高校球児だったこともあり解説してくれました。
坊っちゃんスタジアムで行われている高校野球愛媛県大会の応援に向かう車列。
1試合目にシードの川之江高校、2試合目で済美高校が登場するからでしょう、とのこと。
昨日の曇り空とは一転して青天の真夏日となりました。
まだ梅雨明けは宣言されていないようですが、熱い夏が始まっています

と、書いていたら、梅雨明け宣言出ました!!
さて、これから夏本番です!!




2016年7月15日金曜日

クモの巣とり機 2

先日自作したクモの巣とり機を稼働しています。
マンションの共用部分の天井にこのような溝がありますが、そこにクモが巣を作っています。
小さい白い繭のようなかたまりが点在しているのがそれです。
ホウキなどでは除去が難しかったのですが、クモの巣とり機はクルクルクルっと取ってくれます。
今年の夏はマンションそうじが楽になりました。






2016年7月11日月曜日

クモの巣とり機

クモの巣とり機を作りました。
釣りざおに、使わなくなった子どものオモチャの電源を取り付けて、

オモチャから取り出したモーターを取り付けて、
軸に自転車の空気注入口に使うチューブを付けて、長い竹ひごを接続して完成。

電源をONにすると竹ひごがクルクルと回り、クモの巣を巻き上げるように取ってしまいます。

クモの巣の除去はホウキなどでは上手くいきません。これだと、壁の内角にできた小さなクモの巣もおもしろいように取ってくれます。

同じ仕組みの市販のクモの巣とり機もありますが、簡単にできますので、自作してみてはいかがでしょうか。




2016年7月9日土曜日

水漏れ修理はスピードが大事

マンション部屋の水漏れ修理復旧工事です。

老朽化のため配管に水漏れがありました。

給水をストップして、トイレも取り外したため、修理と復旧工事を短時間で行わなければなりませんでした。

水道工事屋さんが床をはぐって配管修理、すぐに横で内装屋さんが復旧にとりかかります。

普段一緒に仕事をしている職人さん達ですのでコンビネーションもよく、小さな工事ではなかったのですが、4時間で終了することができました。

そのスピードに入居者様も驚いていらっしゃいました。